危険!疲れるだけのコンサルタントによくある6つの間違いと対策

コンサルタントは名乗った瞬間からなれますから、ビジネスとしてもすぐに始めることができます。しかし、そこには大きな罠が潜んでいます。その罠にはまると疲弊してしまうだけです。コンサルタントとしてきちんとビジネスをしていくためにも、コンサルタントによくある6つの間違いを紹介して、それぞれの対策についても解説していきたいと思います。
※この記事は15分ほどで読めます(400文字/分)

こんな人が書いています…
まっさーきー
  • ブログ運営者:まっさーきー
    (40歳代の現役サラリーマン、2児のパパ)
  • 銀行預金2,000万円超え
    (老後のために節約生活を継続中&副業収入はすべて投資)
  • LINE自動化によって副業月収60万円達成
    (知識0・経験0・スキル0から副業月収60万円を達成)
  • Amazonランキング1位著者
    (電子書籍5冊出版→35部門でランキング1位の著者)
  • 信念:笑顔で輝きのある人生を歩む
    (今を楽しみ老後はのんびり豊かに暮らす!)
目次

コンサルタントとは?

あなたはコンサルタントと聞くとどのようなイメージを持たれますか?

  • MBA(経営学修士)や資格を持っている頭の良い人だけがなれる
  • エリート
  • うさんくさい
  • 怪しい…
  • よく分からない

色々なご意見があるかと思いますが、一方で、「私は○○コンサルタントです!」と名乗った瞬間からコンサルタントになれるのが実態ですよね。

実際、私は副業コンサルタントとしても活動しています。本当に名乗った瞬間からコンサルタントです。

ですが、コンサルタントとして活動を進める中で、

  • 思っていたのと違う
  • もうこれ以上、コンサルタントとしてはやっていけないかも…

といった悩みにぶち当たったのです…

ということで、今回は、コンサルタントとしてよくある6つの間違いとそれぞれを解決するための記事を用意しました。

この記事でご紹介する間違いと対策を理解していれば、コンサルタントとしてご活躍できるようになりますよ!

なぜなら、これら6つの間違いを解決することで、上記の悩みがすっかりとなくなり、好きなときに好きなだけコンサルティングをすることができるようになったからです。

1つずつ解説していきますので、じっくり読み込んでくださいね!

コンサルタントによくある6つの間違い

1.コンサルティングメニューが豊富!

コンサルタントにとって、メニューを持つことは必須です。

なぜなら、「私は○○コンサルタントです」と名乗ったところで、お客さんにとって、「何をしてくれるのか、そして、その結果、どうなれるのか」が見えないからです。

しかし、メニューが豊富過ぎて、「何でもできます!」はウソになりますし、自分の専門性や強みが分かっていない言い訳でしかないです。

仕事が欲しいから、数打てばそのうち当たるかもしれない、という感情から来るものと思いますが、コンサルティングを依頼する側から見ると、「何でも屋」でよく分からないから「辞めておこう」と思いますよね。

例えば、あなたが頭痛で苦しんでいる姿を想像してみてください。

お腹が空いていてもご飯が食べられない、そもそもふとんから起き上がることさえできない。

それくらい頭痛で苦しんでいるとします。

そんな頭痛で苦しんでいるときに、やっとの思いで病院へたどり着けたとします。

そして、その病院の先生から処方された薬が、

この薬は腹痛にも腰痛にも視力回復にも風邪にも効きますから、ついでに、頭痛にも効きますから1日3回食後に飲んでくださいね。

なんて言われたらどうします?

そこは、「頭痛を治すことに特化した薬を処方してくださいよ!」と突っ込みたくなりますよね!?

それでもなお、何でも治す怪しい薬を処方するなら、もう2度とその病院には行かないと思います。

これと同じように、メニュー豊富で何でもできるとしているコンサルタントに仕事を依頼することはあるでしょうか?

その前に、そもそも、コンサルティングの必要性すら感じていない人も多いですし、中には、「コンサルタントは胡散臭い」とすら感じている人も多いでしょう。

何の資格もなしに名乗れる職業ですので、仕方ないのですが…

そして、中には、自分自身を売ろうとする人もいらっしゃるかもしれません。

残念ながら、それでは、売れるコンサルタントにはなれません。

ご自身の趣味や過去の経歴などもあまり関係がないからです。お客さんにとって興味があることはコンサルタントであるあなたが私に何をもたらすことができるかです。

だからこそ、「この人にお願いしたい」と思えるように、お客さんがコンサルティングを依頼することで、

・あなたがお客さんにどんな専門家として何をするのか
・その結果、お客さんがどうなるのか

をはっきりとお伝えしましょう。

2.すべてのことを1人でやろうとする

1人で何でもできるのは、スゴそうに見えます。

一方で、1人でやれることはたかがしれています

コンサルタントとして、

・集客用のページを作る
・毎日SNS投稿する
・リサーチする
・ブログ記事を書く
・メルマガを書く
・ステップメールを作る
・説明資料を作る
・動画を作る
・お客さんへコンサルティングをする
・セールスシナリオを考える
・セールスする
・セールスレターを作る
・営業する
・お客さんからアンケートを取る

などの作業を1人でやっていたら、たとえスーパーマンでも物理的に限界が来ます。

私の場合は、狂ったように活動していましたので夜もなかなか眠れず、眠れたとしても悪夢にうなされハッと起き上がる始末、そうこうしているうちに10円ハゲもでき、たまには血尿が出たほどです…
(妻から「ハゲてる!」と突っ込まれたときにはショックが隠せませんでした…)

もちろん、スーパーマンは稀ですので、知識やスキルからも1人でやるのは難しいです。

ドラゴンボールの孫悟空もHUNTER×HUNTERのゴンもワンピースのルフィも鬼滅の刃の炭治郎もキングダムの信も1人で戦ってはいないですよね。

専門外や苦手意識のあるものは自分以外に任せるのが得策です。

自分以外とは、

1.ツールに任せる
2.人に任せる

です。

この順番で任せて行きましょう。

ちなみに、私は、今のところ「やることを絞る&ツールに任せる」ことで対応しています。

3.期間を明確にしていない

• コンサルティング期間はどのくらいか?
• いつまでに結果を出すことができるのか?

これらをあやふやにしている場合もよくあるケースです。

私も一生コンサルティングしていくことを約束して受注してもらったことがあります。

なぜなら、起業塾にも講座にも参加してやっと内容を理解して実践できるようになったと思ったら、期限が来て、質問もできないしサポートも終了といった状況に納得がいかなかったからです。

しかし、お客さんのためにも期限は付けるべきだと後悔しています。

逆に、お客さんは一生コンサルティングしてもらえると安心しているせいか、必死さが足りないと言いますか、ほぼ宿題もしなくなりましたし行動もしなくなってしまいました。

もちろん、今でも関係性を保っているため、コンサルティングをさせていただいてはいますが、正直、もっと熱心に取り組んで欲しいと思います。

仲良しクラブではないのだから…

と思ってしまうことが何度かあります…

期限を決める以上は、当然、期限内にすべての約束が果たせない可能性もあります。

しかし、自信のなさの表れから期限を切らずにダラダラとするのは1番やってはいけないことだと理解しました。

仮に、もし、毎月の金額をいただいているとしたら、結果を出させていないにも関わらず、ただお金を搾取しているに過ぎないと重く受けとめた方がいいですね。

きっと、お金を払っているけど結果がでないことそのものがお客さんにとってのフレストレーションになります(私のお客さんは一度切りのお支払いですのでフラストレーションはないそうです。)。

・お客さんにはどんな結果を得てもらうのか
・そのために必要な期間はどの程度必要か
・その間、あなたがどうやってお客さんをサポートするのか

こういったことから、期限を決めましょう。

4.単なる作業要員になっている

特に、コンサルタントになりたての時期に陥りがちな間違いではないでしょうか?

例えば、本来はお客さんがやらなければならない作業を代行している状態です。

お客さんが行うべき作業にまで手を出しているようでは、コンサルタントというよりも、一時的な「作業要員」として雇われているに過ぎません。

当然ですが、作業要員になってしまうと、作業に膨大な時間を取られます。

コンサルタントは下請け業ではありません。

ですから、作業代行ではなく、あなたの知識・経験・ノウハウを提供すべきだと思いませんか?

もしかすると、

・成果報酬じゃなきゃ依頼しないと言われる一方で、お客さんがなかなか作業してくれないから、仕方なく、代行している

といったやむを得ない事情もあるかもしれません。

しかし、もし、

・業者扱いされてあれこれとアゴで使われている
・上から目線で作業指示をしてくる
・実践せずに結果がでないことをあなたのせいにしてくる

というようなお客さんだとすると、今すぐ、こちらから手を引く方が良いです。

世の中にはあなたのコンサルティングを必要としている人がいます

そんな質の良いお客さんのみを相手にしていきましょう。

とは言え、このように言っている私自身は、2021年7月~12月までの半年間、5~10名ほどのコミュニティを運営していました。

そのときは無料で副業について教えていましたね。

しかし、私は1円にもなりませんでした。ずっとタダ働きです(涙)。

「本気でこれでもか!」と価値を提供していれば、いずれお金を支払ってもらえるだろうと思ってひたすらに頑張っていました。

そして、コミュニティメンバーから「始めて稼げました!」なんて人も出てきましたが(←嬉しい限りではあるのですが、、、)、それでもなお、1円たりとも支払ってくれませんでした。

22時から始めて1時間を目安にしていたのですが、制限なく質問を受け放題にしていました。

ときには、「遅くまですみません。質問良いですか?」「もちろん、良いですよ!」の繰り返しで夜中の2時までやっていたこともあります。。。

全力で価値提供だけをしていればお金を対価として受け取れると思っていたのは完全に甘い考えでしたね…

あなたのコンサルティングに価値があると認識させた上で、

お金を支払う準備のある人とだけ付き合う

ようにしましょう。

5.勉強好きだが、肝心のお客さん不在

コンサルタントになろうとする人は、私も含めて、勉強好きの人が多いように思います。

もちろん、コンサルタントにとって知識は武器になりますから、勉強好きであることが悪いことではありません。

しかし、勉強することに忙しくしていて、肝心のお客さんがいない状態は避けたいものではないでしょうか?

そもそも、何のために知識を得るのかというと、お客さんの問題を解決するためだと思います。

にも関わらず、将来、役立つかもしれないからといって、あるいは、○○集客法が流行っているからといって、たくさんのことを学び過ぎるのは良い状態とは言えないと思います。

(と言っている私も、かなりのことを学び続けていますが、、、まぁ、学びが好きだからこそコンサルタント向きなのでしょう。私も含めて、くれぐれも、学び過ぎにはお気を付けください…)

これからの勉強は、

お客さんに役立つかどうか

で判断していきましょう。

6.安売りに走り、忙しいけど儲からない

コンサルタントになろうと決めた時点では、コンサルタントとしての実績もないし、お客さんに結果を出してもらえるのか自信もないという思いが生じるのは当然だと思います。

しかし、だからといって、コンサルティング料をあまりにも低く設定してしまい、自分の能力を安売りしてしまうのは問題ではありませんか?

コンサルティング料を下げるということは、自分の時給を下げる、ということになります。

当然、時給が低ければ、「忙しいけど儲からない」という状態になります。

そうなると、勉強する時間も新たなお客さんを探す時間もなくなり、疲弊するだけの状況に陥ってしまいます。

ぜひ、高単価商品を作っていきましょう。

そのためにも、コンサルティングメニューを作ることです。

もしかしたら、間違いの1つ目にある「コンサルティングメニューが豊富!」と矛盾する内容に思えたかもしれません。

しかし、まったく矛盾していません。

なぜなら、豊富なコンサルティングメニューを作ってはいけませんが、専門家としてどんなコンサルティングメニューがあるのかははっきりとさせなければならないからです。

もし、メニューが作れないなら、自分がやろうとしていることを深掘りできていない可能性もあります。

つまり、コンサルティングの内容が説明できない状態です。

論理的に分かりやすく説明できない場合は「感」に頼っている傾向にあると言って良いでしょう。

まずは、同じような成功事例を出すには、

「何」をすれば、「どのような」結果が得られるのかを整理して見える化

しましょう。

「危険!疲れるだけのコンサルタントによくある6つの間違いと対策」のまとめ

今回は、コンサルタントによくある6つの間違いとそれぞれへの対策を説明しました。

1.コンサルティングメニューが豊富!

お客さんがコンサルティングを依頼することで、

・あなたがお客さんにどんな専門家として何をするのか
・その結果、お客さんがどうなるのか

をはっきりとお伝えしましょう。

2.すべてのことを1人でやろうとする

専門外や苦手意識のあるものは自分以外に任せるのが得策です。

自分以外とは、

1.ツールに任せる
2.人に任せる

です。

この順番で任せて行きましょう。

3.期間を明確にしていない

・お客さんにはどんな結果を得てもらうのか
・そのために必要な期間はどの程度必要か
・その間、あなたがどうやってお客さんをサポートするのか

こういったことから、期限を決めましょう。

4.単なる作業要員になっている

あなたのコンサルティングに価値があると認識させた上で、

お金を支払う準備のある人とだけ付き合う

ようにしましょう。

5.勉強好きだが、肝心のお客さん不在

これからの勉強は、

お客さんに役立つかどうか

で判断していきましょう。

6.安売りに走り、忙しいけど儲からない

同じような成功事例を出すには、

「何」をすれば、「どのような」結果が得られるのかを整理して見える化

を整理して見える化しましょう。

おまけ…

最後におまけです。

コンサルタントの役割は、お客さんに目標を達成してもらうことです。

そのために次の6ステップがあります。

目標達成のためのコンサルティング6ステップ

  1. 目的を決める
  2. 目標を決める
  3. 現状を分析する
  4. 目標と現状のギャップを見つける(問題の発見)
  5. 目標達成のための問題に優先順位を付ける
  6. 改善策を実施、検証する

これらのステップを進めてもらう上で、お客さんへアドバイスをしてはダメです。それでは、どのようにコンサルティングをしていくと良いのか、こちらの記事が参考になりますので、ぜひ、読んでみてくださいね。

記事が役に立ったらシェアしてね^^
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次